TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂本真綾さんの珠玉の演技 --レ・ミゼラブル

<<   作成日時 : 2006/03/06 02:54   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

 1987年初演のロングランミュージカル「レ・ミゼラブル」を夫婦で見にいきました。妻はもともと舞台を見るのが好きで、レミゼも見にいったことがあったようですが、坂本真綾さんが準主役ともいえるのエポニーヌ役で出ていることを知り、壮絶なチケット争いの末にゲットしました。
 俳優はトリプルキャストが基本で、ジャン・バルジャンは山口祐一郎・別所哲也・今井清隆、これを追い続けるジャベールには岡幸二郎・今拓哉・鈴木綜馬という、ミュージカル好きにとっては、どれも見てみたいという豪華なキャストです。先般白血病で亡くなった本田美奈子さんもファンテーヌ役で出演の予定でした。
 
レ・ミゼラブルについては贅言するまでもありませんが、ヴィクトル・ユゴーの長編小説が原作です。『ああ無情』と題された翻案で有名ですね。著名なフランス文学者である鹿島茂教授の解説によると「レ・ミゼラブル」というのは悲惨・貧困・犯罪といった社会悪が生み出す人々のことを指し、これはジャンバルジャンだけでなく、それをつけ回す警部ジャベールなどもレ・ミゼラブルな人々と見なされ、そういう「レ・ミゼラブルたち」の集団のドラマであり、ユゴーはこれによって社会悪によって悲惨な状況に落ちた人々全体をレ・ミゼラブルとして捉えて、それを描き出すことによって社会に注意を喚起しようと考えた ということです。

 真綾さんが演じたエポニーヌは、バルジャンの養女となるコゼットの「影」になる役柄です。コゼットはエポニーヌの親であるのテナルディエ夫妻のもとに引き取られてこき使われていました。バルジャンは大金を払ってコゼットを引き取ります。その後二人はパリで再開しますが、バルジャンは地位を得てコゼットは美しく上品に育ち、テナルディエは悪事の頭領で、エポニーヌも貧しい惨めな暮らしをしておりました。つまり二人の地位は逆転してしまいます。エポニーヌはマリウスという青年に恋をしていますが、マリウスはたまたま通りかかったコゼットに一目惚れ、エポニーヌに対して、なんとかコゼットを探してほしいと頼みます。コゼットもまたマリウスに一目惚れしてしまいます。エポニーヌは自分の気持ちを抑えて二人を引き合わせるのです。やがてマリウスたちは自由を求めてパリで武装蜂起をしますが、その際にエポニーヌは銃弾に倒れ、マリウスの腕に抱かれて息を引き取ります。一方コゼットは最後にマリウスと結婚します。前述の鹿島教授に従えば、コゼットは光、エポニーヌは影になります。彼女の気持ちをスルーし続けるマリウス、彼女はそれでも愛する人のためにコゼットに会わせたりして尽くします。そんなけなげ切ない気持ちを歌い上げるのが、レミゼの中でも有名な“On My Own”。真綾さんの歌声と表情は、悲しくも凛としたものがあり、本当に吸い込まれてしまいました。息を引き取る間際、愛する人の腕の中で嬉しそうな顔をするエポニーヌの表情は今思い出しても胸が締め付けられます。女優としても一流です。

 メジャーなミュージカルですので、さまざまな方が見に来られたと思います。さて、このブログはアニメファンの方以外の人向け(うそばっか)ということで、坂本真綾さんについて簡単に紹介致します。坂本真綾さんは、声優・歌手・女優のマルチアーティストで、声優としては天空のエスカフローネで、高校生ながら主役+主題歌をゲットして話題を得ました。この作品は、主役を取り巻く声優陣が、これでもか というほど豪華で、そんな中にあって彼女は才能を開花させていきました。水色時代ではアニメの配役通りのミュージカルも出演、さらに活躍を広げていきます。最近では機動戦士ガンダムSEED DESTINYで主役級のルナマリアを演じておりました。歌手としても評価が高く、最近ではアルバム「夕凪LOOP」がオリコントップテン入り(8位だったかな)しております。

 妻が言うには、レミゼのキャスト選抜の基準はとにかく歌唱力なのだそうです。確かにせりふが全編歌で構成されている以上、歌唱力がすなわち演技力ということになるので当然ですが、真綾さんは、この一流の舞台俳優に比べても遜色ない歌唱力と評価されたわけです。声優ファンとして、本当に誇らしく思います。

 
真綾さーん だーいすき

夕凪LOOP(通常盤)
夕凪LOOP(通常盤)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
舞台女優・坂本真綾
舞台といえば、『レ・ミゼラブル』でしょう。 今日は名古屋公演の千秋楽ですね。 ユウは一度だけレミゼを鑑賞したことがあります。 去年3月の帝国劇場での公演でした。 こんな大きな舞台をみるのがはじめて、ミュージカルをみるのもはじめて。 途中30分の休憩があることも.. ...続きを見る
feel the gravity
2006/03/26 19:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『レ・ミゼラブル』行かれたのですね♪
すごくうらやましい・・・。
"坂本真綾"さんが出演されていることは、ずっと前から知ってはいるのですが・・・近くで、公演がなかったもので行けてません(T T)
私も、いつか見てみたいです。
anges
2006/03/06 09:08
 これからは東京にお住まいですね。文化的なものは圧倒的に東京は威力を発揮しますよ。私は東京から地方に引っ越したので、今まで気軽にいろいろなイベントに参加できていたものができなくなって寂しかったです。
 レミゼの真綾さん、本当にお薦めですよ。機会がありましたら是非(^_^)/
ちぇんちぇん@管理人
2006/03/06 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
坂本真綾さんの珠玉の演技 --レ・ミゼラブル TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる