アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中国」のブログ記事

みんなの「中国」ブログ

タイトル 日 時
中国のインターネットアクセス制限を体験
アニメとは全く関係ない話です。一言で終わります。  北京にいるときに、初めて中国政府のウェブサイトアクセスブロックの網に引っかかりました。wikiペディアの日本語版です。まさか8月2日から16日まで、ずっとサーバーが落ちていたってことはありませんよね? おー これが噂の、と感心してしまいました。 あと、私が講読しているTECH  Target(ITメディアの会員版)の記事も引っかかったものがありました。あまりにもおもしろかったので「法輪功」「天安門事件」「台湾独立」などやってみたかったですが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/17 20:54
北京のアニメチャンネル
 毎年恒例の語学研修の引率で北京に来ています。部屋にいるときはほとんど北京電視台(テレビ局)動漫頻道(アニメチャンネル)を見ています。これを見ていると中国のアニメ政策と実際が見て取れるような気がします。    報道でもよくなされているように、中国ではアニメ産業を国家の重要育成目標にかかげており、中央局で放送できる海外アニメの総量規制がかけられており、海外アニメを放映するには国家広播電視総局(国家放送管理局)の批准が必要です。ちなみに放送されている日本のアニメも古いものが多く、私が見た範囲では... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2006/08/16 04:48
UNICODEを通してもらえないかな
「Q:外国語が正常に表示されません。」について 記事に中国や台湾のアニメ雑誌のレポを入れていることから、最近中国語のコメントをいただいております。ところが ごらんいただければお分かりのように かなり&#と数字に化けています。&#+数字は確かユニコード絡みの文字のなれの果て(?)と記憶していますが、いずれにしても判読はかなり難しいです。台湾の方が使っている板は普通にどちらもいけたのですが、ブログでユニコードを通すっていうのはそんなに難しいのでしょうかねえ??  確かに、ごく一部のグローバルユー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/22 13:47
夢物語ですけど・・・日本のアニメ声優になりたいんですぅ
 私の勤め先では、中国の大学と交換留学協定があり、今年も3人の女子学生が来てくれました。正直言ってうちの大学には不釣合いの、外国語系大学では中国でもトップクラスの日本語学科の子たちで、わずか一年半の学習暦で、ほぼ日本の大学の正規授業についていける語学力を身につけています。  一年間の学修計画を立てるために私は3人と面談しました。履修計画を立てるために、学生が日本の何に興味を持っているかをたずねました。一人が「思想や宗教といったものに興味があります」と話していましたので、それなら広い意味で私の守... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/04/15 13:39
ダカーポ セカンドシーズン(DCSS)--少し動きがにぶいか?
 DCSS(ダカーポセカンドシーズン 中国名「初音島第二季〈チューインダオ・ディーアルジー〉」)は、私が特に楽しみにしていた作品の一つです。「セカンドシーズン」とあるように、これには前作があります。前半はキャラ萌え+逆の要素をふんだんに取り込み、後半は一転、主人公朝倉純一(CV泰勇気)を巡って、同居の義妹、朝倉音夢(CV野川さくら)と、遠い親戚になる芳野さくら(CV田村ゆかり)がぶつかりあうという展開です。(こちらに梗概を書いておきました)要は男子の主人公の回りに、彼に好感を持つ女性が複数いると... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/09/30 03:01
北京から帰りました。膨大なアニメ、どこから手をつけようか
2週間の北京出張から帰ってきました。あれはだめ、これは食べられないを連発する学生をなだめすかしながら、くたくたになって帰ってくると、プライベートで重大事が発生、その後で大学のオープンキャンパスというように、立て続けにいろいろなことが起こり、ブログを更新することが出来ずにおりました。   北京で見つけたもう一つの雑誌のレポをやろうと思いますが、今回北京に行って思ったのは、日本のアニメのVCDが少し減ったのではないかということ。あるいは見る店が間違っていたのかも知れませんが、去年はもう少しあった... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2005/08/24 14:01
あだち充と高橋留美子・・・80年代大家のその後---中国のアニメ・漫画雑誌コラム続編
 前回の続きです。中国のアニメ・コミック雑誌『動漫販』に、あだち充のことについて書かれていたものの翻訳レポです。あだち充の描く世界観が、すでに21世紀の若者の感性には合わなくなってきており、あだち充もいろいろな試みを行っているが、かえって旧来の輝きを失いしまった、ということが大略です。  筆者ESPさんは80年代に青春期を送った方で、その80年代という時代に特別な誇りを持っているようです。そのあたりについて大略次のように述べています。  この時代に青春時代を送った私にとって、私の先輩・後輩に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/16 01:25
あだち充は死んだか?−中国のマンガ・アニメ雑誌編集者の見方
 前回紹介した中国のアニメ・マンガ紹介誌『動漫販』レポの第二弾です。「中国の」というのは中国で発行されているという意味で、中身は8〜9割日本のものが紹介されています。  本題に入る前にちょっと無駄話を。(って本題だって無駄話だろっ) もうじきコミックマーケットというものが開催されます。これは同人誌を中心とするコミックの大販売会で、その道の人にとっては一年で一番重要なイベントで、相当な市場規模なのですが、知らない人にとっては名前も知らないというものです。(このブログを見て下さっている人には無用の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/15 02:21
これを読めばあなたもアニメ・コミック通!? 中国のアニメ雑誌の充実した中身
中国のアニメ・コミック雑誌の中に『動漫販』(トンマンファン 中国新時代伝媒集団有限公司<China new media group LTD.>出版 ISSN=1607-1603)というのがあります。これは香港の会社が作成しているもので、オールカラーで110頁を越える豪華な作りです。形状としては『Newtype』が一番近いでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/08/10 12:25
北京出張−2週間アニメが見られませんので定点観測
 ハピマテ関連では、またまた多くの方に閲覧いただき、ありがとうございました。読んで頂いていると思うととても張り合いがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/08 01:50

トップへ | みんなの「中国」ブログ

TK網絡 中国のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる