TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS キャラクターとりかへばや物語

<<   作成日時 : 2006/11/25 13:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

 日本の古典はさっぱりわからない(中高の国語の免許状あり!!)私ですが、平安時代の文学に「とりかへばや物語」というものがあったと記憶しています。確か活動的な女の子と内気な男の子がいて、変わりたいな、思っていて、結局女の子を男児として、男の子を女児として育てるものの、なにかで不都合が生じて元に戻ってハッピーエンド という話だったと記憶しています(ちゃんと調べろよ)。フォローはかんてぃえん先生がしてくださると思いますのでぼろがでないうちに「とりかえばや物語」のことはこのくらいにしておきます。

昔、氷室冴子さんにはまっていたとき(はまるなよぅ)「ちぇんじ」という作品を読みました。

女の子を男の子として というのはアニメでは結構ありがちな設定、逆は「乙女はお姉さまに恋してる」の瑞穂ちゃん(?)がそうですね。

いや、そういう話ではありません。声優さんはさまざまなキャラクターを演じますが、同じ声優さんが演じる2つのキャラの絵だけを取り替えてみたら、という妄想です。たとえば林原めぐみさんが演じる二つのキャラクター リナ・インバース(スレイヤーズ)と 綾波レイ(新世紀エヴァンゲリオン)を取り替えて、リナの性格の綾波を作ったらどうなるか そんなような妄想です。さすがにこれでは話になりませんから、時々そちらの性格がでる、という感じで。

私の好きな能登麻美子さんの演じるキャラクターでは 宮崎のどか(ネギま!?)ちゃんに、時々閻魔あい(地獄少女)が乗り移り、ぼそっと「いっぺん 死んでみる?」とつぶやく。震え上がるクラスメイト。しかし次の瞬間、もとのかわいいのどかちゃんに戻っている・・・

声優さんですから普段は表には出ず、キャラに命を吹き込んでいるわけですが、ふと、その声優さんのイメージとだぶることがあります。私が勝手に思う能登さんのイメージは閻魔あいではなく、宮崎のどかちゃんなのですが、声優の専門誌『声優グランプリ』 2006年 12月号 [雑誌]で紹介されていた、閻魔あいに扮する能登さんの妖艶なこと・・・

もう・・地獄に送ってくださいっ 


その前にきっとかみさんが私を地獄に送ってくれるでしょう・・・
声優グランプリ 2006年 12月号 [雑誌]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
その「ちぇんじ」という漫画よんだことあります^^;
たしか日本の公家?の話だったかな・・・
ちぇんちぇんさんのブログで思い出すとはorz
Tracker
2006/11/26 06:18
Trackerさま
 おや?同世代ってことないですよね。もっとも世代を超えて読まれても不思議ではないですね。
 
 なんとTrackerさんの記憶の引き出しを開けてしまったとは(^_^;)
 全然関係ないですが、ずいぶん早起きされるのですね。

 
ちぇんちぇん@管理人
2006/11/26 20:01
指名されましたが、フォローする事も見あたらないですぅ。さすが国語の免許をお持ちの事だけはありますね。
恥ずかしながら「ちぇんじ」は読んでないのですが、氷室冴子さんの本はいくつか読んでいました。
すっきりした文章だなぁ、と思った記憶があります。

それはそうと、キャラクターとりかえばや。
『キャプ○ン翼』の若島津くんが、
時々『く○ぃむれもん』のあみちゃんのお兄ちゃんになって、あんなことやこんなことを…
イヤー!!(>_<)
…オールドタイプ貴腐人の私には、危険すぎる遊びでした。
かんてぃえん
2006/11/27 02:24
「イッペン 死ンデミル?」と言ってハルマゲドン1分の1…番組終わっちゃいます。

 声優ならではのとりかえばやと言えば、コナンに変装して「変声装置」を付けた灰原さんがコナンの声で喋る(みなみさんが哀のの口調で喋る)というのがあったよね。あれ、ヒットだったなー。
有閑腐人
2006/11/27 03:57
>> おや?同世代ってことないですよね。もっとも世代を超えて読まれても不思議ではないですね。

まだ二十そこそこですよ(^o^)
母方の実家に行ったときに読んだような・・・
もっとも読んだのは一巻だけでしたがw

それと朝だけははやいほうなのでw
Tracker
2006/11/27 21:44
キャラの取替えというと…「鋼の錬○術師」劇場版の中でエド(朴さん)と愛し合って(?)同居までしやがってたハイデリヒを演じた小栗○が「獣○星」の中で朴さんの演じた女性を殺したシーンを観たときに…正直どんな気持ちで見ればいいのか分かりませんよ…orz
大変衝撃を受けました。T 口T
メイドガイ
2006/12/03 19:28
かんてぃえんさま
 すみません。レス遅くなりました。かんてぃえんさまの妄想 もとい 想像力には敬服です。
有閑腐人さま
 まあ、技だよね。さすがみなみさん
Trackerさま
 そうか、私はもうお母様との方が年齢が近いのですね、きっと・・

メイドガイさま
 いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。なるほど、声優を媒介に別の作品とキャラがかぶると、そういう感じになることもありそうですね。とくにカップル(?)で登場すると、そのキャラの関係性もふと浮かび上がってきますので・・・
ちぇんちぇん@管理人
2006/12/04 00:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャラクターとりかへばや物語 TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる