TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS 林原めぐみさん お帰りなさい−「Meet again」あすリリース

<<   作成日時 : 2006/07/26 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 めぐさんが、リナが帰ってきます。林原めぐみさんのニューシングル「Meet again」は、彼女の代表作「スレイヤーズ」のヒロイン リナ=インバースとのコラボ。オリコンのトップページにも「今週の注目アーティスト」にも取り上げられています。(記事本文はこちら

 当ブログはいわゆる一般向けですので(^_^;)少しめぐさんのことを紹介します。林原めぐみさんは日本を代表する声優の一人です。80年代後半より頭角を現し、90年代半ばには人気アニメ「スレイヤーズ」の主役、リナ=インバース役、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ役などで不動の地位を得ました。現在のメジャーどころでは「ポケットモンスター」のムサシ役、「名探偵コナン」の灰原哀役、そしてサンリオの人気キャラクター、ハローキティのキティも彼女です。

 歌手としても人気があり、リリースすればオリコンチャート上位に入るという人でもあります。もちろん人気だけでそこまでいくわけがなく、彼女の声の表現力が多くの人の支持を受けているのだと思います。また、MEGUMI の名前で作詞もしており、そのポジティブ志向な内容は多くのファンを元気づけてくれています。

そんな彼女ですが、出産を機に新規の仕事をセーブしていました。声優雑誌『hm3』9月号に、彼女の特集が組まれていますが、それによると、出産をした瞬間にスイッチが「ママ」になり、仕事をやめちゃってもいいかな、とまで思ったそうです。

 そして2年10ヶ月ぶりに、ファンにとっては本当に首を長くして待っていた、ニューシングルがでます。さすがの彼女もレコーディングが終わった後、しばらく突っ伏して動けなかったそうですが、すべてにおいて妥協を許さない彼女のことです。おざなりなものであるわけがありません。

コアな林原めぐみさんのファンからみれば、「オマエごときがめぐさんを語るな!」と怒られそうですが、「めぐさんなら何でもチェック」 というわけではない私が引きつけられている=めぐさんの歌の魅力はそれほどまでである と解釈していただければと思います。

 昨年くらいから、アニメ・声優関係のCDの売り上げランキングが話題になっております。一連のハッピー☆マテリアルのこと、top10に3枚入った涼宮ハルヒシリーズ。坂本真綾さんや声優のシングルでは最高位 2位を記録した水樹奈々さん・・・ アニメ・声優関連CDの上位進出はもはや普通の出来事になってきたと言えるでしょう。

 でも、ここに至るのには多くの人の努力があってこそだと思うのです。特に90年代から多くの優れた、しかも多くの人の支持を集める曲をリリースし続けた林原めぐみさんの功績抜きにして、現在の現象は起こりえなかっただろうと、私は考えます。wikiペディアに「彼女自身は、チャート番組の上位に入ることに違和感を感じる」という内容のことが書かれておりましたのでこれについて多くはもうしませんが、決してキャラの人気にあぐらを掻いて粗製濫造するようなことなく、キャラソンの時は、キャラになりきり、自分のアルバムの時は自分らしさを前面に出す、声優=ボイスアーティストだからできる歌手のあり方を確立した人として、顕彰されるべき人だと思うのです。奈々ちゃんや涼宮ハルヒの快挙も、この基盤の上に花開いているのだというのは言い過ぎでしょうか?

  中国の成語に「飲水思源」(水を飲みては源を思ふ)というのがあります。「水を飲むときは井戸を掘った人のことを忘れない」と解釈されますが、井戸を掘ってくださっためぐさんに感謝の意味も込めて(本当は純粋に聴きたいだけかもしれませんが)、明日はCD屋さんに走ろうと思います。

お帰りなさい そして、これからも ゆっくり、あなたらしく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わたしは仕事でやっていた「アイドル天使ようこそようこ」でサキ役の彼女の声に出会い、おもしろい声で芝居も真面目だなあ…って思ってました。
そのあと、自分が編集した作品で、リナ・ヌクヌク・キャナル・つばめ・華菜などの役の林原さんの声を毎週聞いていました。
アドリブが本当にお上手で、秒数がテレビ放映に足りていないときなど、林原さんの出番の部分を適当に増やして「アドリブで埋めてもらいましょう」なんてこともありました。
また、アフレコ現場では新人さんの面倒などもよく見てくれて、本当に助かります。
じゅん
2006/07/26 07:23
じゅんさま
 インサイダー情報(^_^;)ありがとうございます。ああ、やはりめぐさんはすごいな、と思いました。私がみた多くの作品の中にもそうやって出来たアドリブが混入しているのですね。

>秒数がテレビ放映に足りていないとき

へえ?そんなこともあるのですか。編集のお仕事って多岐に亘るのですね。

スレイヤーズや万猫もじゅんさまのお仕事だったのですね。そんなすごい人が自分の先輩だと思うと、何か嬉しくって仕方ありません。これからも作品楽しみにしていますm(_ _)m

ちぇんちぇん@管理人
2006/07/26 10:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
林原めぐみさん お帰りなさい−「Meet again」あすリリース TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる