TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS 至福!アキバで宿泊

<<   作成日時 : 2006/06/20 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 金・土は東京で仕事をしております。金曜日の夜は普段は東京郊外の実家に泊まることが多いのですが、なにぶん交通不便で、たまに都心に泊まることがあります。今まではプレッソイン池袋という京王電鉄系列のホテルが定宿でした.。都電ですっと早稲田に出られますし、サクラカフェへも5分足らず。LANも全室に完備して部屋もきれいという申し分のないところだったのですが・・
姉歯→クロ→閉鎖→解体→(T_T)


まさか私もプチ被害を被るとは ・・・ということであらたな「定宿」探しに。

 どうせ泊まるならアキバにしようかな、と予約したところはドーミーイン秋葉原。銀座線末広町駅前、つまりアキバ圏の北端に位置します。このホテル、リーズナブルな値段でしかも大浴場があるという、風呂好きの私にとっては大変魅力的な構造でした。部屋は普通のビジネスホテル並みですが、一部畳敷きというのも大変うれしく、もちろんLANポートもついており、ビジネスホテルとして必要なものはすべて整っています。バスはシャワーだけ。基本は大浴場に行くことになります。館内は作務衣で移動でき、実にリラックスできます。これで翌日仕事でなければ最高だったのですが・・・
 
 金曜日は、講義が終わったらさっさと帰ろうとおもっていたのですが、仕事が終わらず、藤沢市を出たのが7時を回ってしまいました。せっかくアキバに宿をとったのに、アキバ駅に着いたのが8時過ぎ。 数年前でしたらアキバは夜7時を過ぎる店がほとんど閉まってしまいましたが、ドンキホーテ、ヨドバシの進出、駅再開発によってだいぶ様相が変わりました。ただ、それでも中央通りよりお茶の水側は8時を回ると主立った店は閉まりますので、一番アキバらしいところは今回は行けませんでした。 とりあえずアニメイトが9時まで営業していますので、今回は真綾さんの新曲風待ちジェットとFate関連のキャラ商品、「吉永さんちのガーゴイル」OP「オハヨウ」、それと声優グランプリの最新号などを買い求めました。 その後、ちゃんぷさんご推奨の「中川屋」でカレーうどんを食べ、ヨドバシを一回りし、麻雀格闘倶楽部を半荘一回やって部屋に戻ったのが11時半。

明日仕事だろっ!


 先週は会議で寄れず、この週も仕事が終わったら友人の結婚式のため即仙台まで行かねばならずで、「2週連続アキバに行けない(>_<)」と泣いていたのですが、なんとかアキバの空気を吸うことが出来ました。なんといいますか。この空間にいるだけで心がリフレッシュされる感じがするのです。丁度高原で森林浴するような感じでしょうか。(濁った水でないと住めない魚もいるのですw) 豊かな国際感覚、先進とアナクロとの混在、不思議なバーチャル文化の可視化・・・リアルな現実と巨大な「ネタ」がメビウスの輪のように行き来できる町・・・

アキバの前にアキバ無く、アキバの後にアキバなし


ただ、私にとってアキバは、普段をリアルな現実の中に生きているからこそ楽しめる巨大な「ネタ」空間なんだろうな、とも考えています。人間は生まれながらにして自由であるわけはなく、複雑に規定された時間、空間のファクターに翻弄されながら、それでも生きていくわけです。当然社会と切り離されて生き続けることなどできません。アキバの発する非現実的ネタ世界は時に甘美で、ふとその中に埋没してしまえば楽だろうな と思うことがないわけでもないですが、それではそれこそアンチアキバ(本田渉氏のいわゆる「萌えない男」)に格好の攻撃の口実を与えてしまうわけです。無論、さまざまな要因で引きこもってしまっている、対人関係を上手く築けない方も多く見えることは承知しています。いきなりそういう人を外に引っ張り出すのではなく、さしあたり、社会に出られているヲタは、しっかりリアルとネタを使い分けてどちらも楽しんでいくことが、あるいは「アニヲタ=非社会的」などという全く論拠不明の言説をうちやぶることになるのかな。この街に癒やされながらそんなことを考えています。

中傷したい人はどうぞ。私は絶対両立させてやるんだから


その前にヲタにならなくては・・・

風待ちジェット

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ぜひ両立させて下さい。蔭ながら応援しております。

そして、東大で講義されていたといわれる岡田某の「オタク論」とは視点の違った、オタク文化論、オタク国際比較文化論が、ちぇんちぇん先生によって花開く日が来るのを心待ちにしております。

余談ながら、古代から現代へと連綿として続く「や○い文学史」などもどなたかがまとめて下さると面白いと思うのですが。
通りすがりのGangtian
2006/06/21 22:49
う〜ん
私はアキバはいったことないのですが
すごいところなんだろうなあ(笑
住んでる場所柄、いけそうにはありませんが
管理人さんの考察等楽しみにブログみてますよw 
Tracker
2006/06/22 06:25
通りすがりのGangtianさん
 こんにちは こっちの世界ではお久しぶりです(^_^;) 
 オタクって特別なことではないとおもっておりますが、常に申し上げておりますように、偏狭なナショナリズムを超えるエネルギーがオタクに求めることができるのではないかな、と思います。
 文学史でしたらgangtianさんがご専門でしょう。師匠にだまってこっそりお願いしますよ(^_^;)
 
ちぇんちぇん@管理人
2006/06/23 18:53
Trackerさま
 書き込みありがとうございますm(_ _)m アキバ、いいですよー 是非一度いらっしゃってください。
 最近多忙でなかなかブログが更新できませんが、また遊びに来て下さいまし(^_^)/ 
ちぇんちぇん@TK網絡
2006/06/23 19:10
どうもです。
明日から出張の為、こちらに来るそうですね。もし時間があれば、是非お会いしたいですね。
柳生十兵衛
2006/06/27 20:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
至福!アキバで宿泊 TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる