TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻雀好きとアニメ好きの微妙な親和性

<<   作成日時 : 2006/06/04 22:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
 変なタイトルをつけましたが、話題になった「闘牌伝説アカギ」の話ではありません。「アカギ」は大好きな漫画ですが、気づいたのが放送開始後しばらく経ってからだったので視聴しませんでした。おそらくDVDで見るチャンスがありそうだから時間ができたときにゆっくり見てみようかと思います。
 
 アニメ関係中心ブログで麻雀の話もなんですが、先日、高校で闘牌中の私の写真を偶然発見し、今のアニメ・声優に対するスタンスとよく似ているな、と考えて可笑しくなりました。
私の高校時代は勉強以外は何でもやりました。特に麻雀は「平和・・・泣いてはいられない」と名付けた非公式サークルをつくり、昼休みはカード麻雀でリーグ戦、部活のなくなる定期試験中は「試験ジャン」と言って昼過ぎから音楽室で闘牌という、きわめて健全な高校生活をおくっておりました。ちなみにサークル名の「平和」は「ピンフ」と読み、麻雀役の名称です。「泣く」(本来は「鳴く」)は麻雀用語で相手の捨て牌を一枚拾って手を進める{いわゆる「ポン チー」}ことで、ピンフは鳴くと役として認められなくなることから、洒落でこのようなネーミングにしました。文化祭の有志展示もこの名前で登録したのですが、当然学校側は「へいわ・・・ないてはいられない」と読む訳です。左翼系の社会問題有志団体をやっている先輩から誘いがかかることも(^_^;)
  
私の出身高校は大変規則が緩かったので、マンガや遊戯道具は持ち込み禁止 などということはなかったですが、どういうわけか麻雀は迫害されていました。その理由は
「麻雀=賭博」。 
「なにずれたこと言ってる(アカギ風に)・・・だったらトランプのポーカーだって一緒だろう。金がかかっていなければ打たないヤツとは打たないよ。」 実際我々は腕立て伏せを賭けていたのですが、信用されず。
 
 修学旅行では、トランプはOKなのに麻雀はカード麻雀を含めて禁止という全く合理性を欠く決定がなされました。「ピンフ」メンバーは激怒し、「学校をぎゃふんと言わせてやろう」ということになりました。そこで同種類のトランプを4組購入し、ハート=万子、ダイヤ=筒子 クローバー=索子 余ったスペードの1〜7を字牌に充てるということをやり、電車の中で先生の前でこれ見よがしに「リーチ」「ロン! メンタンピンドラドラ」とやったのです。先生のあの苦虫をかみ殺したような顔はいまだに忘れません。

「そこまでした麻雀がしたいかっ」とつっこまれそうですが、麻雀をトランプや囲碁や将棋よりも一段低い位置に置いて学校で禁止するという事実に対して合理性が見いだせない以上、麻雀愛好家として当然レジスタンスに出るべきだという、きわめて高校生的な可愛い正義感に突き起こされたのでした。(えっ?可愛くないですか?)
 そんな香具師が教員やってるんだから、世も末だ・・・ 

 そして、ヲタクでもないのに(モノに対する執着がないんですよ。だからヲタクとしては全然ダメ)アニメファンになり、声優を追いかけ、毎週のようにアキバ散策をするようになった今、「アニメ好き=ヲタク=自分勝手で社会に適応しないダメ人間」というような言説に対して、どうしても合理性が見いだせずに反発する私がここに存在しています。
「何でわざわざ『アニメ声優』追いかけるの?」
好きな俳優を語るのと好きな声優を語るのと、どこがどう違うの??ねぇねぇ。」
「普通、アニメってオタクのものじゃん?」 
「普通って何?誰が言うと『普通』なの?みのもんたさん?(笑)(みのさん そんな無茶なこという人ではないですよね)」


結局私の思考様式は高校時代となんら変わっていないのですが、どうも一生抜け出せそうもありません。そういう人間です。ただ、だからこそ、きちんと現実社会と相対して生きていたいとも思っています。とりあえず大好きな麻雀やアニメのために、今の自分にできること、かな?



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最近していませんが、高校・大学時代、私もしてました♪
でも私は、部室で仲間とやるくらいで、サークルを作るまででは無かったので、そこまで好きなことに力を入れられて、本当にすごいです!

>結局私の思考様式は高校時代となんら変わっていないのですが、どうも一生抜け出せそうもありません。
私は、やっと社会人になったわけですが・・・イベント行きまくって、オタク度が増してますからね。多分私も、一生このまま変わらずに行ちゃうのでしょうね(^^)
anges
2006/06/04 23:09
そうですね〜、あの高校は校則ぬるかったですね〜

わたしの回りだけかもしれませんが、アニメ業界人も案外麻雀好きが多いです。
編集に監督が来ない!!……そんなとき近所の雀荘に探しにいったこともあります(^^
麻雀旅行などに行ったりもしますよ。
アニメの話をしながら、ピール飲みながら、ときおり演出論を戦わせながら、麻雀に浸るのはなかなか楽しいです。
じゅん
2006/06/06 00:25
angesさま
 部室で麻雀ですか。正しき学生の姿ですね(^_^)。イベント行きまくりって、やはり東京だと機会も多いですしね。当然オタク度も加速しますよ。 そういえば、angesさん、ぱよ ネギま すたちゃ・・・4月からめちゃくちゃ「引き」が強いですね。少し運を分けてください(笑
ちぇんちぇん@TK網絡
2006/06/06 01:31
じゅん先輩
 またまたお越し頂き光栄です。「タクティカルロア」大変楽しく拝聴しました。
 今考えれば自由で、いろいろな人種がいて、楽しい高校でしたね。

 クリエイティブな仕事の人って、麻雀がよく似合う気がします。ドラマや漫画では、前工程が終わるまで次の作業ができないから、麻雀やっているというシーンを見ることがあるからでしょうか。 
 牌を握りながら私たちの夢が紡がれている、想像しただけでわくわくします。
 ご多忙のことと存じますが、ご自愛のほど
ちぇんちぇん@TK網絡
2006/06/06 01:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
麻雀好きとアニメ好きの微妙な親和性 TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる