TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法少女リリカルなのは−本当は子供に見てもらいたい作品

<<   作成日時 : 2005/12/03 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 「魔法少女リリカルなのは」という番組があります。深夜枠で、しかも地上波での放送がテレビ埼玉・ちばテレビTVK・三重テレビ・サンテレビ のみということで、アニメファンでもない限り殆ど認知されていない作品なのではないでしょうか。
この作品には前作があり、現在放映されているのは2作目「魔法少女リリカルなのはA's」です。
 物語の設定はおよそ以下の通りです

【前提となる設定】
1)地球を含む世界の他に、さまざまな異世界(次元)が平行して存在しています。
2)さまざまな次元の秩序管理は「時空管理局」が行っています。
3)異世界には魔法を使用できる者も多く存在しています。

【ストーリー】
 主人公 高町なのは(CV田村ゆかり)は小学三年生。先の事件(前作参照)で、異世界から来た魔法使いユーノ・スクライア(CV水橋かおり)に出会って魔法の力を手にし、彼と時空管理局を助けて世界の破滅を救いました。そのとき、彼女に立ちはだかったのが同い年の少女フェイト・テスタロッサ(CV水樹奈々)でしたが、戦いの中で徐々に対話を続け、今ではなのはの親友となりました。事件から半年後、再び異変が起きます。「闇の書」が発動を始めたのです。

【なのは・フェイトと時空管理局の立場】
闇の書は魔力蓄積型の危険な遺産(ロストロギア)で、魔導師の魔力の根源である「リンカーコア」を食い、ページを増やします。全ページが埋まり、完成すると破滅的な力を得ます。破壊したり、所有主が死ぬと白紙に戻りますが、何度でも再生します。時空管理局は、闇の書による世界の破壊を防ぐために、これの捕獲、封印を目指します。一級の魔導師であるなのは・フェイトも大切な人と世界を守るために管理局と協力してその捕獲に当たります。

【闇の書側の立場】
闇の書の今度の主は八神はやて(CV植田佳奈)。彼女は原因不明の病気で下半身が不自由な小学生です。封印がとかれた闇の書からは守護騎士のシグナム(CV清水香里)・シャマル(柚木涼香)・ヴィータ(CV真田アサミ)・ザフィーラ(CV一条和矢)が現れます。彼女らはやてを「主」と呼び、命令を待ちます。闇の書が主に大いなる力を与えることを知ったはやて、しかし病弱の彼女が下した唯一の命令は、この家でみんな楽しく暮らすこと、それだけでした。今まで何人もの主に道具として使われてきた守護騎士。今度は無欲で心優しい少女に、血の通った友達づきあいをしてもらいます。 しかしはやての病気は原因不明のまま進行し、このままでは危険な状況にあることを知った騎士たちは、「闇の書を完成させて、主はやてを救いたい」と心から願うようになったのです。

なのは・フェイトと守護騎士たち。運命の戦いがはじまります。大切な人を守るために


なのはは、戦いの中でも相手を必死で受け入れようとします。かつてフェイトがそうだったように、いつか自分の思いが伝わると信じて。騎士たちも、決してなのはたちに恨みがあるわけではありません。むしろ一種の友情のような感情も芽生え始めています。しかし、主はやてを救うためには後戻りはできない。なのはたちもこれをとめる以外に大切な人たちを救う方法がない。さまざまな思いが交錯する中で戦いは続いていきます。しかし、そこに第三の力、仮面の騎士が現れて運命の歯車を別な方向に回してしまいます。
 
 世の中にはどちらかが正義でどちらかが悪、というような単純な二分法では説明できないことがほとんどです。しかし、どちらも自分のみが正義と信じ、それを他者に押し付けるようなことすれば、相手の立場、気持ちを理解しようという意識は生まれてきません。相手の事情は何なのか、それを虚心に知るためには、飛んでくる火の粉を払いつつも、対話のチャネルをいつも開いておかなくてはいけません。そうでないとどこかの超大国のようになってしまいます。「なのは」の発するメッセージでもっとも大切なものはまさにこの点だと思うのです。時に運命に逆らえないときもあるかもしれませんが、いつか相手とわかりあうのだという強い意志。本当は子供に見てもらいたいと申し上げたのはまさにこの一点です。深夜枠でわずか13週しかない(たぶん)わけですから、コアなファンのために放送され、またそれは封印されてしまうのでしょうか。そうなるにはあまりにも惜しい作品です。
 
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
それぞれが持つ願い。
ただそれだけのために剣をとる・・・。
それが、互いにぶつかり合うのは辛いですね。
誰が悪いわけでもないのに・・・。

>なのはは、戦いの中でも相手を必死で受け入
>れようとします。
本当に"なのは"は強いですね。
魔法がというよりも、『心』が・・・。
どう言われても、自分の願いが叶うよう頑張っていて・・・。
自分も見習わないといけませんね♪

仮面の男の行動でこれからどうなっていくのでしょうか・・・最終回までもうないですし、気になりますね。
anges
2005/12/04 22:06
angesさん
 すみません。勝手に以前の記事にTBさせて頂いて。あの回のレビューが一番ふさわしいと思いました。
 なのはのようにまっすぐな強さ、本当に引きつけられます。
 話はいよいよクライマックスへ、次回も「なの」がつかないシリアスモード、気になります。 
 レビューも楽しみにしていますね(^_^)/
 
ちぇんちぇん@管理人
2005/12/04 23:10
ぜんぜん構わないですよ♪
TB大歓迎です!!

あのような拙いレビューを楽しみしていただけて嬉しいです。
頑張って書かせていただきます!!
anges
2005/12/05 01:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔法少女リリカルなのは−本当は子供に見てもらいたい作品 TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる