TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS ダカーポ セカンドシーズン(DCSS)--少し動きがにぶいか?

<<   作成日時 : 2005/09/30 03:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 DCSS(ダカーポセカンドシーズン 中国名「初音島第二季〈チューインダオ・ディーアルジー〉」)は、私が特に楽しみにしていた作品の一つです。「セカンドシーズン」とあるように、これには前作があります。前半はキャラ萌え+逆の要素をふんだんに取り込み、後半は一転、主人公朝倉純一(CV泰勇気)を巡って、同居の義妹、朝倉音夢(CV野川さくら)と、遠い親戚になる芳野さくら(CV田村ゆかり)がぶつかりあうという展開です。(こちらに梗概を書いておきました)要は男子の主人公の回りに、彼に好感を持つ女性が複数いるという、典型的なハーレム系アニメですが、設定を徹底的に非現実的にし、視聴者に一定の「お約束」を共有させることによって、話が説明的になりすぎず、視聴者がファンタジー世界にしっかり入り込むことができました。このあたり、同じくハーレム系アニメ(ダ・カーポ同様もともとはゲーム)の傑作であるkanonに通じるところがあると思います。
 セカンドシーズンでは、前作の2年後という設定になっています。純一と同居していた音夢は、その後すぐ島を出て看護師の学校に行って2年間不在だったというところから話が始まります。(ただし、開始当初はなぜ音夢がいなくなったのかは説明されていない)一人になった純一の世話をすることで、白河ことり(CV堀江由衣)、水越眞子(CV松岡由貴)、天枷美春(CV神田朱未)が入れ替わり立ち寄るという設定になっておりました。特にことりとはまるで恋人同士のような距離感です(前作で、ことりは純一に告白してふられている)。そこに純一のおばあさん(魔法使いだった)を探しているという魔法使いの少女、アイシア(CV宮崎羽衣〈うい〉)にでくわし、アイシアは純一に魔法を教わるべくそのまま純一の家に居候します。(後に、純一の魔法が和菓子を出すことだけと知りますが、師匠としてではなく、友達?としてそのままいついております)。そんなわけのわからぬ日常生活を送っていると、突然音夢が、純一の高校の保健室で研修するということで帰ってきたのです。混乱する純一、複雑な気持ちのことり、また音夢の方は、アイシアと同居している純一に激怒、純一も、音夢が、保険医と特別な関係ではないかと疑い、二人の心に溝が出来てしまいます、なにやら嵐の予感・・・
になったところであっさり音夢と純一は元通り。その後しばらくは新キャラクター、御子さんの胡ノ宮環(CV黒河奈美)とメガネっ娘の高校生漫画家 彩珠ななこ(CV浅野真澄)、それとアイシアと共通の故郷を持つ深窓の令嬢 月城アリスの描写が続いております。

 前作同様2クール26話と思われますが、音夢が帰ってきたときの緊迫感がいつのまになくなり、どうも話の主題と関係ないような話がここ数話のような気がします。音夢が帰ってきたときのことりの心理描写など、もう少しあってよさそうだったのですが。それと、新キャラ達の純一に対する感情がどういうものなのか、今のところよくわかりません。また、あまり女の子が多すぎると話が散漫になりすぎる恐れがあります。「シスタープリンセス」(一作目。「リピュア」は最初から全体のストーリー構築を放棄)のように、ストーリーが空中分解するようなことにならなければいいのですが。また、前作の世界観を支えてきた「全体が魔法の力を持った島」という設定は、今回は使えないので、そのあたり、世界観をどうやって引き継ぐのでしょうか。前作がよかっただけに、テンポのにぶさが多少気になります。
 とはいえ、作画はきれいですし、まだ折り返し地点ですから、これからいまま描いてきたものが伏線となって一気に展開していくのでしょう。やはりキーになるのは、アイシアは純一に恋心を抱くのか(もっと具体的には音夢に嫉妬するのか)、ことりはどのように純一を思いきるのか、というところでしょうか。これから話が動いてくることに期待しております。
 あ、最後に、webで見つけた、中国人による音夢のコスプレ写真にリンクを貼っておきます。いよいよ中国もここまできたか。(^_^)/


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
好感
今日の芸能番組2 「茶母 少し動きがにぶいか?DCSS リンガーハット@御茶ノ水 ヒューイットの体調。。。 ぼーぼーぼーでおじゃる う〜!何と言ったら… ロシュフーコー小泉を斬る( [読書]暗黒拳闘伝セス UPDATE1: 香港株式市場・ 阪神優勝 ...続きを見る
「好感」ブログリスト
2005/09/30 03:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もう、1クール終わってしまいましたね。
最初の1クールは、主人公"朝倉純一"の現在の状況と"アイシア"の精神的な成長を匂わせていたのではないかと私は思っています。

後半では、私は"白河ことり"がどうしていくのか、そして、"芳野さくら"が登場するのはいつなのかが気になるところです。
(原作のマンガでは、"さくら"も音夢と同様に驚きの登場でした。)
anges
2005/09/30 18:03
angesさま
毎度ありがとうございます。アイシアの精神的成長ですか。確かにその通りですね。なるほど、冷静に考えてみれば、アイシアの描写は毎回必ずきちんと行われていました。そして13話はなにか、次の展開の予感がする内容でした。
私は例によって原作を読んでいないのですが(噂では、原作とアニメではアイシアのキャラが全然違うとか)やはり、さくらを全く抜きにはしていないのですね。
今後が楽しみです。angesさんのレポも楽しみにしています。(^_^)/
ちぇんちぇん@TK網絡
2005/10/01 00:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダカーポ セカンドシーズン(DCSS)--少し動きがにぶいか? TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる