TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ ツバサ・クロニクルの魅力

<<   作成日時 : 2005/09/02 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 必死にたまったアニメを観ています(必死になることかっ)。とりあえず映画を観る前に「ツバサ・クロニクル」を観てしまおうと続けて何本か観ました。幸い(?)高校野球で2週放送がなかったようなのですぐ追いつきました。
 ツバサ・クロニクルは、さまざまな異世界を旅するファンタジーです。主役は考古学者目指す小狼(シャオラン−CV入野自由(みゆ))と、クロウ国の姫サクラ(CV牧野由依)。ふたりは幼なじみでひそかにお互いを慕っています。ある夜サクラは、彼女の持つ力を手に入れようとする飛王(CV中多和宏)の陰謀によって、すべての記憶を失ってしまいます。その記憶は羽根となってさまざまな異世界(次空)に飛散してしまいます。それを集めなければサクラは死んでしまいます。小狼は記憶の羽根を取り戻すために異世界へ行く決意をするのですが、異世界を行き来するためには次元の魔女、侑子(CV大原さやか)の力を借りなければなりません。侑子の所に行きますと、ニホン国の忍者黒鋼(CV稲田徹)とセレス国の魔術師ファイ(CV浪川大輔)も、異世界に行くために侑子のもとに来ておりました。侑子は、力を貸すに当たっては必ず「対価」を求めます。黒鋼には刀を、ファイには魔力の源泉である文様を、そして小狼には「サクラとの関係性」を求めました。つまり、仮にサクラの記憶の羽根を全部取り戻しても、サクラが小狼を愛しいと思ったその記憶だけはよみがえらないのです。小狼はその運命を受け入れて、黒鋼、ファイ、そして異世界をを旅するために侑子から貸し与えられた不思議な生き物モコナとともに旅に出かけます。
 黒鋼、ファイはそもそも小狼の旅につきあう義理はないのですが、現実問題としてモコナなしでは異世界を渡り歩くことも、言葉を理解することも出来ません。それで小狼とともに旅をすることになるのですが、いつしか彼らにはクールな友情めいたものが芽生えます。まっすぐな小狼、孤高の黒鋼、のらりくらりのファイ、そしてけなげなサクラと変なモコナ、彼らは時にかっこよく、時にくすぐりを入れてくれながら旅は展開します。
 
 NHKで放映されていたCLAMPの作品では「カードキャプターさくら」が大ヒットしました。「ツバサ・クロニクル」の小狼、サクラは「サクラ」から引き継がれたキャラクターで、「さくら」の後継として注目を集めていました。ところが、ざっとネットを見る限り「さくら」に比べて今ひとつ、という評価が多いように思われます。例えば主役級の声優陣がほとんど経験のない人で固められたことが一つ。サクラの牧野由依さんは現役音大生(ピアノ専攻)で、声優としてはほとんどノーキャリア、「カードキャプターさくら」のさくらが当時人気絶頂の丹下桜さんだったことを考えると思い切ったキャスティングです。小狼役の入野自由さんは「千と千尋の神隠し」のハク役で有名ですが、やはり声優としてはようやく軌道に乗ってきたかな、という所で、「さくら」の小狼がくまいもとこさんであることからすれば、中堅からルーキーに投手交代という感は否めません。モコナの菊地美香さんは、「ニャンちゅうワールド放送局」で顔出し出演中ですが、声優としては同じくルーキー格です。
 あと指摘されていたこととして、ピンチになっても都合よくアイテムが出てきたり、侑子が助けたりして、スリルがないという点が挙げられていました。確かに「さくら」や「レイ・アース」ほどのスリルはないと私も思います。

 しかし、声優陣で言えば、脇を固める稲田徹さん、浪川大輔さんは実績十分の中堅ですし、その他、国々で出会う主要人物には結構大物が使われており、よくしまっています。それに主役格の「ルーキー三羽烏」もよく頑張っていると思います。 ストーリーについて言えば、確かにその通りですが、この作品の魅力は、人間の「関係性」という、大変重いテーマをモチーフにしつつ、登場人物が(モコナはよくわかりませんが)、それぞれの信じるところに忠実に生きつつ、ゆるやかだが強い絆を形成していく所ではないか思っております。「君子の交わりは淡きこと水の如し」という言葉を想起させてくれる作品だと思います。
 あるいは、コアなCLAMPファンからみると、何か物足りない部分があるのかもしれません。あるいは原作の魅力を十分発揮できていないとか、アニメから入った私にはその辺はわかりませんが、少なくとも、CLAMP作というバイアスをかけなければ十分及第点の作品であると思うのです。ただ、子供の視点だと、「さくら」に比べて難しいのは確か。まさに大人のためのアニメといえましょう。
アニメ=子供の観るもの という固定観念にとらわれている人に是非観て頂きたい一作です。 
そんな人が見るわけないか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、結構CLAMPのマンガを持っていますが、物足りないとは余り思っていません。

声優さん方も、初めは前作の声優さん方にそのままキャラクターを引き継いで頂きたかったなと思いましたが、今では、"小狼"といえば「入野自由」、"サクラ"は「牧野由依」って感じですね。
anges
2005/09/02 12:19
angesさん
 いつもありがとうございます
原作をご存じの方からそうおっしゃっていただけると観ている甲斐があるというもの。よかった。
入野くん、牧野さんともに、これをステップに飛躍して欲しいですね。
ちぇんちぇん@管理人
2005/09/03 00:10
CLAMPファンですぅ。
キラキラ
2006/08/20 21:07
キラキラさま
 書き込みありがとうございます。私はあまり漫画は読んでいないのですが、アニメではレイアース・カードキャプターさくらなどお気に入りの作品が多いです。ホリックも毎週楽しみに見ていますよ。 
ちぇんちぇん@管理人
2006/08/21 15:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメ ツバサ・クロニクルの魅力 TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる