TK網絡

アクセスカウンタ

zoom RSS TKって そっちかいっ

<<   作成日時 : 2005/06/29 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 ブログをはじめてもうじき一ヶ月。ありがたいことに、総アクセス数が1200を越えました。わざわざご覧に来て頂いている方もみえれば、検索で通りがかった方もみえると思いますが、いずれにせよお立ち寄りいただきありがとうございます。
 で、アクセスレポートを見ていると「TK+J禁」という文字列で私のところに来て頂いた方を発見しました。J禁については確かにこちらに少し書きました。TKは本ブログのTK網絡(TKネットワーク)ですから確かにその文字列ですと私のブログもヒットします。で、なんでわざわざJ禁とTKを組み合わせて探したのだろう??と元をたどってみると、J禁 近畿支店 ●禁 (●に入る文字が分からない人は閲覧をご遠慮ください)などの文字が・・・ TK 近畿・・・ あっ、kinkiってそういえばTとKか。で、J禁でTkと組み合わせているってことは・・・  やめよう。ここから先に踏み込むのは。私が入ったら「一般禁」の禁忌を犯してしまう。禁忌→kinki・・・(大バカ)
 元をたどってみてTKって そっちかいっと叫んでしまったのですが、検索をかけた方も紛らわしい名前つけるなっと怒ったことでしょうね。

 うちの貴腐人に話しましたら、さも当然という感じで、「なるほど、TKの順の方が多いのかな」などなど・・・もちろんURL請求しようとすれば楽々問題はクリアできる香具師です。
 以前も書きましたが、ジャニーズのタレントがアニソンを歌ったり声優やったり、ということが結構あったので、私もジャニーズ系に対しては比較的シンパシーを持っております。最近はあまり聞きませんが、以前はアニメ連動のミュージカルもあり、それにジュニアクラスのジャニーズのタレントが出ておりました。私の記憶が間違っていなければ、「姫ちゃんのリボン」に現TOKIOの長瀬智也君が出ていたし、「赤ずきんチャチャ」ではMA(ミュージカルアカデミー)の秋山純君が出ていました。(もう一人、三●勉というのもいたのですが、ちょっとして触れてはいけない名前だったかな?)当時の秋山君は、今とは違ってまるまるふとっていて「こいつ、本当にジャニーズなのかいっ」て思いましたが、見事に変身するものですね。秋山君はその後、「水色時代」でヒロイン河合優子(CV鈴木真仁)の彼氏 長沼君役で声優としてもいい演技を見せておりました。その後 博品館で行われたミュージカルは夫婦で見に行きました。私は真仁(マジン)ちゃん目当て、向こうは秋山君目当てで。

その時の観客は声優目当てのファンとジャニーズ目当ての人とが混在していたのですが、エネルギーの方向が結構同じなだあ、って思いました。対象を盲目的に支持するのではなく、微妙なB級具合につっこみ入れながら、それを楽しんでいるという感じで。ですから、バーチャルはバーチャル、現実は現実って切り分けられるのです。マジンちゃんが実演で女子中学生やっていても、ゆかりんが30前でゴスロリやっていても許せるのは、彼岸と此岸を切り分けられるからです。J禁の分野でご活躍の方々も、それがきっちりできるから、現実生活と深い世界を支障なく行き来できるのだと思います。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ども! 高校の時に一緒だったキジマです。
その高校の時の同窓会があるんだって。
詳細は私信で送ります。
ではでは♪
きじま
2005/07/01 09:23
どうも、4年前?に某高校で中国語を教わっていた某大学生です。
個人的にはまあ、BL世界は理解できなくもないし全く持って本文に賛同なのですが、ゆかりんのゴスロリに関しては譲れない一線がある次第であります。
思うに、ゆかりんが許せるという発言をする方々が盲目的に「あれはセーフなんだ」と確たる根拠も無くファン活動を展開しているからこそ、あの世界のファン活動というのは理解され難いものになっているのではないでしょうか。そのムーヴメントに乗り、あの職業の中でも特にアイドル路線を走り、あまつさえ写真集にさえ出てしまうゆかりんの方向性には若干賛同しかねる次第であります。
まあ、こういう見地からするとゆかりん本人はスルーして、悪いのは...という話にもなりかねないのですが。ゆかりん本人の技量は大したものだとは思いますよ。役幅、広いです。
don
2005/07/01 21:41
ああそれと、そろそろ紐育華撃団が始動しますね。
ラチェット隊長が活動写真からどう変わっているか、楽しみなのではないでしょうか。
長々と脱線したコメント、申し訳ありませんでした。ご縁があったらまた。

私信:とまあ、井上同志、こんなところでどうでしょう。
don
2005/07/01 21:41
きじまくん
 どーも ようこそ マニアの館へって よく見つけたな。
同窓会のことは承知しました。ただ、わしが、ちょうど学生連れて
北京に行かなくては行けない時期に重なっているので残念ながら
出席はできないんだけんど。
ちぇんちぇん@管理人
2005/07/02 08:44
donさん
 こめんとありがとうございます。って、高校で中国語を教えていた
というと、K大F沢しかないよな。うー、気になる。でも匿名だもんな。
どなたか ということは追及しないことにして。
 donさんがおっしゃるように、まあ、端から見ればとても入っていけない異常な世界ですね。それが声優界に対する偏見につながりかねないと
いう懸念も肯首できます。
彼女についてはビジュアル系バンドと共通するものがあると思っています。その中だけで通用するルールに基づいて動いているという意味で。
つっこみを入れながら楽しんで見ているのであれば、あまり変な方向に
いかないと思いますけどね。
 また、近いうちに書こうと思っていますが、ポスト第三次声優ブーム
のトップランナー、ゆかりん(田村ゆかりさん)とほっちゃん(堀江由
衣さん)って、対照的なだあ、と思います。ゆかりんの場合は、セルフ
プロデュースで完全にイメージをこしらえている。
 ともあれ、ご来店&コメントありがとうございました。異論反論も含め
大歓迎です。
ちぇんちぇん@管理人
2005/07/02 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
TKって そっちかいっ TK網絡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる